2012年04月19日

帯祝い

昨日に続き今日は帯祝いについて

帯祝いとは妊娠五ヶ月目の戌の日に、腹帯を巻いて妊娠を祝い、出産の無事を祈る事です。戌の日に行うのは、犬は多産でありながらお産が軽いと言う事ににあやかろうというものです。この帯を岩田帯といいますが、これは岩のようにたくましく、元気な子供が生まれるようにとの願いからつけられました。
妊娠五ヶ月目と言えば、安定期に入ってひと安心する時期で、お腹の中で元気に動く赤ちゃんの胎動を感じて、母親になる喜びを実感出来る時です。帯祝いには、ここまでくれば無事出産できそうという、お祝いの意味と安産の願いの両方が込められています。
帯を巻くことには、おなかを温め、胎児の位置を安定させながら発育を助ける効果もあります。また、それと同時に、妊婦さんに母親としての自覚や、出産に対する心構えを持っていただく効果もあるそうです。



そして先日11日の日に弟夫妻の帯祝いを行いました。

いつもムーランを利用していたのでたまには違う所も・・・

そんな感じで行ったのですがビックリしました目

なんとホッケのお刺身が出てきちゃいましたわーい(嬉しい顔)
201204111957000.jpg
(少し食べた後でごめんなさいバッド(下向き矢印))

でも居酒屋でホッケ焼きは何回も見た事があったのですが

お刺身は初めてなので感動しましたぴかぴか(新しい)

しかもとっても美味しかったで〜す手(チョキ)

さらにさらにその後はお寿司まで目
201204112002000.jpg

こんなにサービスして頂いてありがとうございました。

またお店に行かせて頂きたいと思いますわーい(嬉しい顔)




ラベル:帯祝い 戌の日
posted by たかしぃ at 06:00| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚式の後も・・・アレは?コレは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。